ユーザ用ツール

サイト用ツール


basic:小ネタ

小ネタ

移動系

Swordの回避弱攻撃、Chain Bladeの回避、Hammerのジャンプ(抜刀ダッシュ中に素早く強2回)、War PikeのCharge(抜刀ダッシュ中に弱ホールド)は武器をしまって走るより移動速度が速い。
パークでスタミナを補強して連続で出せるようにするとベヒモスを探す時の時間を多少短縮できる。

抜刀モーションキャンセル

斧、ハンマーで納刀時に攻撃キーを押すと抜刀と同時に強制で攻撃が出てしまうが、攻撃キー押下後に素早く回避を押すことで空攻撃をキャンセルできる。
(素直に抜刀キーを押せば良い)

ヤギ

ジャンプで背中に乗る事が出来る。
ラムズゲートの階段からうまく乗ると、頭の上にも上れる。

登山部

Ramsgateの屋根に登れる。
がんばると・・・

こうなる。

AcidicとBarbed

Woundダメージを増やすAcidicとBarbedどちらを選択するべきか?
少し試してみた。
ダメージ計算式も解らないし武器も対象も試行回数も選択した攻撃手段もいい加減なので注意。鵜呑みにはしないように。
Swordはおまけで調べてみた。


対象:Embermane、頭部(Interruptの為に事前に1発攻撃)
武器:Gnasherpike+2,Gnashsaber+2
防具:Quillspike Jacket、Stormhelm、、Zaga Brancers、Reza Greaves

Gnasherpike:ゲージMAXで。数字は3段目のぐるぐる回してる所
Gnashsaber:連打して出た値


Gnasherpike+2

パーク
なし5777
Acidic+634115
Barbed+660108



Gnashsaber+2

パーク
Acidic+690-12048-64
Barbed+6151-20232



固定値付与のBarbedのダメージが減衰している事から、Barbedの固定値加算後に何かしらの計算をされた事が伺える。
Acidic+6は「部位破壊ダメージの50%をWoundダメージに変換する、20%部位破壊ダメージ上昇」の文章通り、部位破壊ダメージは「最終ダメージを0.6倍」の模様。


ソードにAcidicを入れて運用するのは、部位破壊ダメージが60%に下がる割にWoundダメージが素のWar Pikeにすら劣る。
時間あたりのHIT数の事もあるので、Wound目的の運用としては有効とは言えなさそう。


・結局、War Pikeを使う上でAcidicとBarbedどちらが良さそうか。
この数値だけから判断すれば、Wound値の差はそれほど大きくはないが、部位破壊ダメージの差は大きなものとなっている。
Acidicが作用するのは部位破壊ダメージだけなので、AcidicとBarbedで本体へのダメージに差はない。
Acidicを採用した場合、部位破壊ダメージが激減するので、部位破壊を狙うのは難しくなる。
しかし、部位破壊が遅れる為、実質的にSavageryの効果が増す。
Barbedを採用した場合、部位破壊を狙うのは難しくないが、Woud状態になってから部位破壊までが短くなるので、実質的にSavageryの効果が減る。
素材よりも討伐を優先する場合にはAcidic。
部位破壊を狙う場合はBarbedを選択するのが良さそう。


・The Godhand
Acidicを使用するとThe Godhandのレーザーで赤ダメージが出せるようになる。
BarbedではレーザーにWoundダメージは発生しない。
持っている人はレーザーで煙まみれにするのも一興かもしれない。

The Hunger

フィーストモード中の与ダメによるHP消費をランタン:Koshai's EmbraceのInstant(Vキー短押し)で無効化できる。
その後HP回収に成功するとなぜかフィーストモード発動前よりもHPが回復する。(実質黒字)
メディック+6のHPシールドがある状態でフィーストモードへ移行し、与ダメによるHP消耗後にHP回収に成功するとHPシールドの分まで回復する。

重複蘇生

ダウンした仲間を蘇生するとデンジャーゲージが3%減るが、ダウンした者1人に対して2人がかりで同時に蘇生することで6%減らすことができる。
3人で一斉に一人を蘇生すると9%減る。

エリア外退却

ベヒモスはマップ内に複数ある戦闘エリアを超えてまでは追ってこない。
これを利用して、エリア外へ逃げて安全にライフスプリングパイロンを使ったり、別エリアに残っているエーテルベント(地面の亀裂の回復ポイント)を使いに戻るといったことが可能。
Shrowdのオーブ(爆発によりプレイヤー全員をHP0にする時限爆弾)は当該戦闘エリア外へ退去すれば当たらない。(Escメニュー画面右上→HELP!Im Stuckでマップ開幕位置へ瞬間移動して回避可能)
Rezakiriのプリズムシールド内拘束も同様にEscメニュー画面の右上、ヘルプからスタック解除で脱出できる。

狩りの受注方法

Ramsgateに点在するクエスト掲示板で受注しなくても、キーボードのMキーからマップを開き、その場で狩りを受注するこができる。
ESCキーのメニューからマップを選択しても同様。

部位破壊で落ちる球

戦闘中に無理に拾う必要は無く、拾わなくても 戦闘終了時に全て自動回収 破壊に成功してマップにドロップした時点で自動回収(戦闘成功失敗問わず獲得)。(Ver.0.5.5より)
球の色は素材のレア度と対応しているため、破壊した部位とそこから落ちた球の色を見れば拾わなくても何が落ちたか判断可能。

消耗品用素材採集マップ

Wrathwort
┗Expedition…Iron Falls

Dashleaf
┗Expedition…Iron Falls、Dyadic Drift(Heroic)

Skybloom
┗Expedition…Iron falls、Burning Rose、Dyadic Drift(Heroic)

Ironthistle
┗Expedition…Coldrunner Key

Slayer's boom
┗Expedition…Frostmarch
┗Pursuit…Panger

Omnistone
┗Patrol…The Maelstrom(Heroic)
┗Expedition…Burning Rose、Revelation Rock
┗Pursuit…Hellion、Kharabak、Stormclaw

Phoenix Opal
┗Patrol…The Maelstrom(Heroic)
┗Expedition…Frostmarch
┗Pursuit…Hellion、Panger、Kharabak、Stormclaw

Heart Lily
┗Expedition…Coldrunner Key、Frostmarch
┗Pursuit…Panger、Ragetail Gnasher

スタミナ節約ハンマー

HammerのElemental blastは本来スタミナを消費するが、ジャンプ中に撃つとスタミナが減らない。
Molten Edictで使うと効果的。

寝ランタン

戦闘不能状態でなければ、ダウン中などの行動不能状態でもランタンのInstantもHoldも使える。

ペッティング

Ramsgateにいる犬は近くでEキー(Hold)を押すとペッティング(←公式表現)出来る。

Prism encase mode脱出

KoshaiランタンのHold効果のダッシュを使うとRezakiriのプリズムシールド拘束を破壊せずに脱出できる。
武器にRepeatersを使っているとリロードのタイムロスや火力の問題で脱出が遅れてしまうことがあるがこれで解決できる。
Skraev、Frostback Pangarなどの攻撃によるFrozenからも脱出できる。

リピーターあれこれ

武器を構えたままAether Jetsurfingに触れて、飛んでいる間でも撃てる。
Empowered Reloadは、Shrowdの影分身でも行える。ヤギからは吸えない。
Charroggの追尾溶岩弾を撃って破壊できる。近接戦闘中の味方が気づきにくいため、被害を抑えるために破壊すると言う貢献もできる。
左クリック(もしくはその設定にしてあるボタン)を押しっぱなしにすることで撃ち続ける。連打の必要はない。
攻撃におけるダメージ範囲が点であるらしく、Skarnの本体部分を岩を避けて直接狙う事ができる様だが(岩破壊無しで岩以外の素材が手に入ったため)、修正の可能性もあるため再度検証が必要かも。

basic/小ネタ.txt · 最終更新: 2018/11/22 14:24 by 125.197.209.247