ユーザ用ツール

サイト用ツール


behemoth:rezakiri

Rezakiri

属性 Radiant
弱点 Umbral
場所 The Maelstrom

概要

Rezakiriは、The MaelstromのHeroicに出現するトンボ型のベヒモスである。

Rezakiriは突進や尻尾等による攻撃に加え、飛び道具を多用してくるベヒモスとなっている。
STGゲームのような光弾による弾幕や、多数のレーザーによる回避の強制、果てはプレイヤーをバリアに閉じ込め移動を制限するなど多彩で強力な攻撃を仕掛けてくる。

攻略

基本方針

空を飛んでいる事もあり攻撃チャンスは少なめ。
遠距離攻撃も多彩で回避し辛い物も多く長期戦はミスが発生しやすくかなり危険。
できるだけ間合いを詰めてさっさと倒す。
武器は慣れるまではShockjawの斧を強く推奨。
ランタンは移動速度UPできるShrike's Zealを推奨。
防具は防御力さえ確保してあれば何でも良いが、スタミナ関係のパークがあると楽。
なお、リピーターの実装により頭、両腕、両足への攻撃チャンスが大幅に増え、部位破壊による落下も容易となった。

圧し潰し

各種レーザーの後や怒る時におこなってくる。
落下の直前に僅かに体を持ち上げるのでそれを見てから回避するか、タイミングを体で覚えよう。
圧し潰し後は攻撃チャンスなので、回避後、殴りたい部位のすぐそばに位置どれるような方向に回避したい。
圧し潰し後、暫く地面で大人しくしているパターンと、すぐに上体を起こすパターンが存在し、すぐに上体を起こすパターンの場合は移動しつつ光弾3連射を行ってくる場合があるので攻撃をやめてすぐに回避しよう。

突進

中遠距離から爪を振りながら突進をしてくる。
尻尾にも判定があり、一定距離進むと方向転換するのだがその際に尻尾が時計回りに振り回されるので注意。
正面から突っ込んできた場合は左側へ回避すると尻尾のケアもできる。

移動しつつ光弾3連射

突進同様中距離から素早く移動しながら光弾を3連射してくる。
3発目はそこそこ射程距離があるうえ、1発目に合わせてローリングをすると無敵時間が切れたころに3発目が飛んでくる場合もあるので、Rezakiriとの距離をみて何発目が当たるか判断して回避しよう。
スタミナがどうしても足りなくなるようであれば、回避のスタミナコストを減少させるAgilityやスタミナ自然回復量を増やすConditioning、スタミナ最大値を増やすEndurance等の採用を検討しよう。

尻尾振り回し(空中)

空中にRezakiriがいる時、尻尾で地面を薙ぎ払うように一回転する攻撃。
右回りで回転するので右方向へ回避して無敵で避け、CBの場合は範囲外へ出るよう外周に向かってダッシュしよう。

鎌振り回し→尻尾回転

Rezakiriがダウンした後等に地上で行ってくる攻撃。
鎌振り回しは範囲が狭いので特に脅威ではないが、尻尾はかなり範囲が広いので注意。
鎌を回避した後はRezakiriの正面辺りに移動しておけば尻尾は当たらないので攻撃を入れるチャンスになる
尻尾は回転する直前のちょっと後ろに尻尾を引いた状態から既に攻撃判定を持っている。
立ち位置が悪いと回転がまだ出ていないのにダメージを貰ってしまう事になるので注意。

光弾弾幕(地上)

Rezakiriが一度距離をあけるように移動後、地上を這うように進む光弾を前方180度に多数撃ち出す。
Rezakiriの体力が減ってくると光弾の数が増える。
光弾後はかなりの確率で疲れたようなモーションを取り攻撃チャンスとなるので、光弾が終わるまでにはRezakiriの足元まで移動しておく。
予備動作となる「距離をあけるよう移動」をした時、あるいはさらにその移動の予備動作である方向転換の段階からRezakiriと同じ方向に走り始め、光弾が展開・前進する前にRezakiriの後方にいられるよう全力で距離を詰めよう。
Rezakiriの横方向は(正面0度として90度、270度)弾幕が薄くなりがちなので、そちらを目指して走るとよい。
もし間に合わないようであれば限界まで移動で回避した後、当たりそうになったら回避の無敵で抜けるようにしよう。
光弾を食らったとしても多段HITしなければそこまでダメージは大きくないので必要経費と割り切ろう。

光弾弾幕(空中)

Rezakiriが一度距離をあけるように離れ、空中から打ち下ろすように多数の光弾を放つ。
光弾弾幕(地上)と同様Rezakiriの後方まで走りたい。
ただし、こちらは光弾弾幕(地上)とは異なり、Rezakiriの正面に向かって真っすぐ走るのをお勧めする。
正面も安全というわけではないが、やや斜めに光弾が落ちてくる関係で弾幕が多少薄いので下手に横や斜めに移動するよりはまし。
当たりそうになったら引き付けて回避で頑張ろう。

レーザー:左右

Rezakiriが一度距離をあけるように離れ、レーザーを左から右へ、右から左へと連続で発射してくる。
光弾と同じタイミングで使用してくるため、おそらく事前に走りこんでいるはず。
レーザーだった場合は後ろに回り込まず、Rezakiriの正面で停止して一旦レーザーを回避しよう。
回避の際は、自分に当たるレーザーの直前に撃たれたレーザー(隣のレーザー)を意識して、隣のレーザーが自分の真横を通り過ぎた瞬間、あるいは隣のレーザーを回避の無敵で避けるつもりで斜め前に回避を行うといい。
レーザー終了後は圧し潰しを行ってくるので備えよう。

レーザー:両側→中央→両側

Rezakiriが一度距離をあけるように離れ、外側から内側へと2本のレーザーをプレイヤーを挟み込むように撃ち、中央まで行った後今度は外側に広がるように撃つ。
何種類か回避する方法はあるが、その一例を下記に紹介します。
こちらは中央とその前後に発射されるレーザーを意識する。
放っておけば中央のレーザーに当たる事になるが、中央直前のレーザーが自分の横を通った後に少し左か右に動き直前のレーザーの射線上に移動し、その後中央のレーザーが自分の隣を通り過ぎた後に中央に向かって斜め前に回避しよう。
レーザー終了後は圧し潰しを行ってくるので備えよう。

レーザー:足元→回転しながら広がる

徐々に広がる8本のレーザーを空中から足元にだす。
離れていると逆に回避し辛くなってしまうので、しっかりと接近してレーザーの出始めのうちの回転の内側にローリングで入ってしまおう。
レーザー終了後は圧し潰しを行ってくるので備えよう。

レーザー:足元→回転しながら広がる→回転しながら狭まる

徐々に広がった後、ある程度の広さになった後今度は狭くなるレーザーを空中から足元に出す。
レーザーの出始めに回避で内側に入った後、狭くなってきたら今度は外側に向かって回避しよう。
レーザー終了後は圧し潰しを行ってくるので備えよう。

尻尾薙ぎ払い+光弾

下記のセットプレイか、エリア移動の際に尻尾を薙ぎ払いつつ光弾をまき散らす。一瞬画面が真っ白になる。
エリア移動の場合にRezakiriが居なくなるだけで特に何もないが、セットプレイへ移行する場合は画面が元に戻るとバリアの中に入った状態からスタートする。
どちらか判断するには、Danger値で確認できる。
エリア移動の場合はDanger値が減少するが、セットプレイの場合は減少しない。

セットプレイ(バリア→レーザー→光弾→光弾)

薙ぎ払い+光弾の後、プレイヤーを強制的にバリアの中に移動させ、レーザーと光弾による連続攻撃をしかけてくる。
バリアに入れられるせいで距離を詰めるのは難しいので、大人しくバリアの中で回避する事になる。
レーザーは通常通りに回避すればいい。
最初の光弾の一部はバリアによって防がれるが、大抵はすぐにバリアが壊れて途中から中に入ってくるのでしっかり回避を狙おう。
弾幕が濃くどう飛んできているか把握が困難な場合は、祈りながら回避連打でなんとか凌ぐしかない。
ソロで最悪死んでしまっても、一回は復活できるのでここで死んでも問題はない。

戦闘時間が長引きセットプレイの2回目が来るような場合は、火力が足りていない。
もっとアグレッシブに攻撃するなり、武器を見直すなりしてみよう。

なお、現在(0.4.0 oβテスト開始時点)は移行直前に行われる尻尾薙ぎ払い+光弾の尻尾にわざと当たってダウンする事で、バリアに閉じ込められるのを回避できる。
成功した場合は、レーザーが発射される前にさっさとRezakiriの後方まで走ってしまえば、セットプレイが終わるまで特に何もせずに全て回避できる。

behemoth/rezakiri.txt · 最終更新: 2018/11/22 13:44 by 125.197.209.247